何も持っていなくても最低限の浄水はできる!? 拾得物浄水ガイド

M

抜き差しならない状況に陥っても誰の上にだってお日様は昇る

浄水には濾過や煮沸などの様々な方法があるが、周囲に適当な濾材がない、水を沸騰させるほどの火力がない場合は泥水をすすらざるを得ないのか? そんな疑問の答えとなるのが、ここで解説する浄水方法だ。

必要なもの

傷が少ないペットボトル

太陽光の殺菌力を最大限に発揮させるため、濾過後の水が入る容器は紫外線をよく通す透明度の高いものが望ましい。

できるだけ強い太陽光

消毒に用いられる殺菌ランプの原理は、照射された紫外線により生物のDNAを破壊し、増殖能力を奪って不活性化するというもの。ご存じの通り、太陽光には紫外線が含まれている。

Tシャツやタオル等の布

ペットボトル同様、殺菌対象の水も透明度が高くなければ紫外線を通さない。炭などの高性能濾材がなくても布なら手に入るはず。