[野食ハンマープライス監修]これでライフラインが断たれた時も安心 !? 近所の優良食材4 選

Ph 06

特集「野生食材図鑑」のはじめに、スーパーでは売られていない可食生物を知る意味について考えたい。 第一はもちろん、我々野遊び好きの性分として純粋に楽しい。第二は、生きていくための術として必要なのだ。 ここでは様々な野生食材を日々追い求める「野食ハンマープライス」主宰、茸本氏に大いに語っていただこう。

いつかは起きる災害に楽しみながら備える

 先の大震災で、日本の都市は災害に対して極めて弱いという事実がさらされた。建物の倒壊こそ多くなかったものの、物流インフラが破壊されたことで深刻な生活用品、そして食料の不足が発生した。わずかな食料で救助を待つ人々の姿は我々に恐ろしい現実を提示した。「都会に住んでいても飢えることはあるのだ」と。

しかし、ありがたいことに日本の都市には、まだまだ自然がたくさんある。コンクリートジャングルとしか思えない大都市圏にも、河川敷や親水護岸といった自然と触れ合える場所が数多く存在する。よりミクロな視点で見れば、宅地開発中の造成地や、道路の切り通しの法面といったところも、まさに自然の一部だ。