トモエガモ誤射につきまして

 Fielder vol.31、P66〜71企画にて、トモエガモの誤射がありました。人間と生き物、文明と野生の関係性を問うアウトドア誌でありながら、知識、認識不足のため、文明を汚す行為を掲載してしまったことに、深くお詫びいたします。

 つきましてはこのことを謝罪のみで済ますのではなく、次号Fielder vol.32(2月27日発売)にて、当事者のその後の経緯、関係機関に聞く誤射後の対処、そして我々と全く同じように生きる生物の理解を深めるため、対象種の同定及び現在の生息状況を報告いたします。なお、この記事に関しましては、発売日と同時に当サイトにも掲載いたします。


Fielder編集長 川崎 憲一郎


閉じる